User-agent: Mediapartners-Google* Disallow:
 

さくら

青空に一本桜満開 小岩井農場 見ごろ週末まで!


青空に一本桜満開 小岩井農場 見ごろ週末まで!

周りには何もなくて、バックには雪の岩手山が、一本桜を引き立

てている。   なんとも雄大な桜だ。
                                                                                                                                        
 

岩手県雫石町の小岩井農場にある一本桜が見ごろを迎えた。昨

年、野鳥のウソに花芽を食い荒らされたのが原因で1割ほどしか

咲かなかったが、今年は、野鳥の食害対策が奏功してか、満開

状態となった。週末までは花見を楽しめそうだ。  樹齢約100年

のエドヒガン。例年より1週間ほど早い22日に開花した。23日

の雫石町の最高気温は23.5度と、平年に比べ9度ほど高くな

り、桜の花も一気に開いた.
引用元=
http://www.kahoku.co.jp/news/2008/04/20080424t33008.htm

さくら

花見客でにぎわう上野公園



   花見客でにぎわう上野公園

                                 花見客でにぎわう上野公園
昨日は天気も最高で花見日和だったね!   国民行事だ!  政府と民主党で花見でも

したらどうかな?
  
東は平年並み、西は遅いかも=桜の開花予想−気象庁

 気象庁は5日、九州から北陸までの最初の桜(ソメイヨシノ)の開

花予想を発表した。昨春は記録的暖冬の影響で開花が非常に早か

ったが、今春は東日本で平年並み、西日本では平年並みか遅い見

込み。最も早いのは静岡、高知、大分の3月26日で、最も遅いのは

長野の4月17日。東京は3月27日。同庁は12日に2回目の予想

を発表する。

 桜の花はもとの花芽(かが)が前年夏ごろに形成され、休眠する。

冬に十分寒いと覚め、春の気温が高いほど開花が早くなる。開花か

ら満開までは約1週間。3月以降の気温は平年並みか高い見通し

だが、2月の気温が特に西日本で低かった。

 平年より最も遅いのは、鹿児島の6日遅れの4月1日。冬の寒さが

足りず、休眠打破が遅れた面もあるという。最も早いのは、2日早い

静岡。前年より最も遅いのは、米子(鳥取)の12日遅れの4月6日。

引用元=http://www.jiji.com/jc/zc?k=200803/2008030500700&rel=y&g=soc

さくら

神戸は26日にもさくら開花宣言!


サクラ、26日にも開花宣言 神戸!

花見は日本の文化だ!  桜を観ながら仲間での親睦

が一番だな!  さくらの下での駅伝もみたいな!

陽気続きでサクラ前線がぐんぐん北上している今春、気象庁の

開花予想が発表ごとに早まり、兵庫県内各地の観桜イベント担

当者をやきもきさせた。しかし、ここにきて、正式な「開花宣言」を

待たずに花がほころび始める所もあり、平年より早めの開花が

ほぼ確実に。イベントと花の時期が一致せず、頭を悩ませること

の多かった担当者を喜ばせている。


  気象庁が十九日に発表した西日本の最終予想によると、神

戸の開花は「平年より早い四日早い二十六日」。三月上旬の気

温が平年並みだったため、当初は平年並みの三十日とみていた

が、ここ数日の高温続きで、一気に四日早めた。


 これを受け、神戸市灘区の王子動物園は「夜桜通り抜け」の日

程を四月三-五日にした。「一番正確な予想を待ち、満開の週末

を狙って日程を決めた」と担当者。同園では既に、花がほころび

始めている。


 西宮市の夙川公園の西宮さくら祭りは四月六日。例年四月の

第一日曜に開き、三分咲きや散ってしまうこともあったというが、

西宮観光協会は「河川敷に舞う花びらなど、今年は十分楽しめ

るはず」と胸をなで下ろす。


 姫路市は四月五日に姫路城観桜会を予定。琴や太鼓の演奏な

どがあり、昨年の人出は約六万五千人。市観光交流推進室は

「満開に近い状態で迎えられそう。少々開花が早まっても問題は

ない」と話す。


 加東市の播磨中央公園も早くから観桜イベントを四月五-十三

日の一週間と決めていた。三月の陽気続きで、開花がイベント時

期に合う格好となり、担当者は「八分咲きから散り始めまでを楽

しめる」と喜んでいる。


 神戸海洋気象台によると、三月上旬からの気温の上昇は、日

本全体を覆った高気圧の影響で、今後も平年並みか暖かい日が

続くという。
引用元=http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0000890482.shtml

さくら

桜開花予想!


桜開花予想:関東から九州は1〜6日早まる 気象庁

気象庁は19日、東北から九州にかけての桜(ソメイヨシノ)の開

花予想日を発表した。3月いっぱい高温が続く見通しから、関東

から九州は前回の発表(12日)より1〜6日開花が早まり、東日

本で「平年並み」から「早い」、西日本で「平年並み」から「平年並

みか早い」に見直した。初めての予想の東北も「早い」とした。

予想通りならば、東京は前回より3日早まり、全国に先駆けて23

日に開花、月末にも満開となる見通しとなった。主な地点の予想

は次の通り。【鈴木梢】


 23日=東京、静岡、名古屋、和歌山、高知、熊本▽24日=横

浜、岐阜、徳島、大分▽25日=熊谷、甲府、長崎、宮崎▽26日

=前橋、銚子、大阪、京都、神戸、岡山、高松、福岡、佐賀▽27

日=広島、松山▽28日=津、奈良、下関▽29日=宇都宮、鹿

児島▽31日=水戸▽4月1日=松江、鳥取▽2日=富山、金

沢、福井▽7日=福島、新潟▽8日=仙台、輪島▽12日=長野

▽13日=酒田▽15日=秋田、山形▽16日=盛岡▽23日=

青森

引用元=http://mainichi.jp/select/today/news/20080320k0000m040034000c.html

さくら

桜の開花予想!


 桜の開花予想!   日本のお祭りだ!


今年の桜(ソメイヨシノ)の開花や満開は、西日本や東日本では平年並の所が多く、

東北地方では平年よりも早い所が多い見込みです。


桜(ソメイヨシノ)の開花や満開は、一般的には2月以降の気温が高いと早く、低いと遅くなりま

す。

2月の気温は、西日本や東日本で平年よりも低く、東北地方は平年並の所が多くなりました。

また、気象庁発表の最新の季節予報によると、西日本から東北地方の今後の気温は、平年並か

高い見込みです。

このため、今年の桜(ソメイヨシノ)の開花や満開は、

西日本や東日本は平年並の所が多く、東北地方では平年よりも早い所が多い見込みです。

なお、西日本や東日本の温暖な地域における休眠打破の遅れの影響は、小さいと考えられま

す。


桜は、夏頃に翌春咲く花のもととなる花芽(かが)を形成し、休眠に入ります。

花芽は冬の低温に一定期間さらされると休眠から覚めます。これを休眠打破といいます。

花芽は休眠打破のあと温度の上昇とともに生長し開花します。

休眠打破した後はその後の気温が高いほど、花芽の生長が早く進み開花が早まります。

昨年は2月から3月の気温が高く、4月の気温が低かったため、

開花は、西日本や東日本は平年よりも早い所が多く、東北地方は平年並の所が多くなりました。

しかし、冬が記録的な暖冬だったため、西日本や東日本の温暖な地域では休眠打破が遅れ、開

花が平年並か遅くなりました。

今年の冬は、西日本から東日本の温暖な地域でも、1月後半以降の気温が平年よりも低くなりま

した。

このため、休眠打破の遅れの影響は小さい見込みです。

  西日本から東北地方の桜の予想開花日と予想満開日(3月4日発表)

平年(昨年)差の「-」は平年(昨年)よりも早く、「-」がないのは平年(昨年)よりも遅いことを表し

ます。

平年値や昨年値は、気象庁・自治体や名所の値を用い、平年値の無い地点は過去のデータを

基に算出しました。

大船渡市・八王子市・大宮公園・宿毛市は、満開の観測を行なっていないので、予想満開日は

発表しません。
引用元=http://www.tenki.jp/skr/yosou/index.html

さくら

桜の開花


  間もなく日本の桜の季節だ!   早いところでは、静岡の河津桜

  が満開だよ。西の方は桜は咲いているのだろうな。  間もなく日

  本列島を咲き乱れるぞ!

  今は、日本気象協会の予想が一番当たっているかな?


サクラの開花は、一般的に気温が高いと早まり、気温が低いと遅く

なります。今回の予想対象地域の2月の気温は、東日本(北陸、関

東甲信、東海)、西日本(近畿、中国・四国、九州)ともに平年より低

く推移しました。3月以降の気温は平年並み、または高いと予報され

ていますが、これまでの天候の経過により、東日本では平年並み、

今年のサクラの開花は、西日本は平年並みか遅い見込むです。ま

た、東北地方の開花予想は3/19から、北海道の開花予想は4/9

から。
引用元=http://www.e087.com/sakura/skaika/kaika2.html

Powered by Seesaa