User-agent: Mediapartners-Google* Disallow:
 

競馬

本命が見えない今年のダービー!


本命が見えない今年のダービー!   どの馬にもチャンスがあ

  るぞ!         戦国ダービーだ!

昨年から今年にかけてのクラシック戦線では、重賞の勝ち馬が目ま

ぐるしく変わり、なかなか主役が見えてこない。皐月賞トライアルの

弥生賞(G2、芝2000メートル、9日=中山、3着まで優先出走権)

も混戦模様で、一連の流れから重賞未勝利馬に狙い目十分といえ

そうだ。ブラックシェル(牡3、栗東・松田国)は、このレース3連覇中

の武豊騎手(38)が素質を認める大器。力を出し切れば勝ち負けに

なる。
 
 レースのたびに勝ち馬が変わっている現在のクラシックロード。3

月の声を聞くというのに、まだ主役が見えてこない。あの武豊をして

「今年は分からない」と言わしめる異常事態だ。
 
 函館2歳Sから弥生賞までの2、3歳重賞(牝馬限定戦を除く)にお

いて、2勝以上を挙げた馬が1頭もいない。この状況は、89年と93

年に似ている。その時の弥生賞優勝は89年レインボーアンバー、9

3年ウイニングチケット。ともにオープン馬ながら、重賞は未勝利の

新星だった。ウイニングチケットは、豪快な末脚を武器にダービー馬

まで上り詰めた名馬。歴史が繰り返されるなら今年は、同じように決

め手シャープなブラックシェルの出番だ。
 
 重賞勝ちはなくても、前走きさらぎ賞で1番人気に支持された素質

馬。結果は「テンションが上がって、ゲートの中で暴れてしまった」

(武)と、精神面の若さを露呈して7着だった。それでも勝ち馬レイン

ボーペガサスと0秒3差。福寿草特別では4角9番手から鋭く伸びて

キングスエンブレム(すみれS勝ち)を破り、ホープフルS(2着)では

1着のマイネルチャールズ以上に強い競馬を見せている。「キング

カメハメハに雰囲気が似ている」。天才がかぎ取った一流馬のにお

いは無視できない。
 
 この中間は前走の敗因の1つとなったゲート難を解消すべく、入念

に練習を積んだ。「負けた素因を1つ1つ、つぶしていく」(松田国

師)。同じ失敗は繰り返さない。何と言っても、あん上は弥生賞男。4

連覇がかかる武は「この馬は本賞金900万。内容とかいっていられ

ない」と、なりふり構わず1着を取りにいく。勝負気配では16頭の中

で、この馬が一番だろう。
引用元=http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=horse&a=20080307-00000000-nks-horse

競馬

バーミリアン ドバイへ!


 バーミリアン ドバイへ!    ダートに変更して素質が開花!  

         去年のリベンジだ!

武豊ヴァーミリアンGI・4連勝! いざドバイへ=フェブラリーS


 冬のダート王を決めるJRAの2008年度GI第1弾、第25回フェ

ブラリーS(1600メートル・ダート)が24日、東京競馬場で行わ

れ、1番人気に支持された武豊騎乗のヴァーミリアン(牡6=石坂

厩舎)が快勝。好スタートを決めると、中団より前の好位追走から

最後の直線はメンバー最速の上がり脚で豪快に突き抜け、2着ブ

ルーコンコルドに1馬身4分の3差をつけた。

 これでヴァーミリアンは、昨秋からGIを4連勝。この後は世界最

高賞金額を誇るドバイワールドカップ(現地時間3月29日、ナドア

ルシバ競馬場)を目標としており、名実ともに“日本最強”として胸

を張って臨むことになる

 なお、3着にはワイルドワンダーが入線。2番人気のフィールド

ルージュはスタート後の向こう正面で競走を中止している。

 ヴァーミリアンは、父エルコンドルパサー、母スカーレットレディ

(母の父サンデーサイレンス)、2002年4月10日生まれの牡6

歳。2歳時は芝の出世レースであるラジオたんぱ杯2歳S(現・ラ

ジオNIKKEI杯)を勝つなど、未来のクラシック候補生として期待

されたが、3歳春は皐月賞12着など極度のスランプに。しかし、

同じ年の秋にダート戦に矛先を転じると素質が完全開花。ダート

転向2戦目で早くもGIIを勝利し、2007年1月の川崎記念でGI初

勝利。同年3月のドバイワールドカップでも4着と健闘すると、帰国

後初戦のJBCクラシックを皮切りにJCダート→東京大賞典と、史

上初の秋ダートGI・3連勝を達成した。

 管理する石坂正調教師はフェブラリーS初勝利、騎乗した武豊

騎手は2003年ゴールドアリュール、2006年カネヒキリに続き同

レース3勝目で、GI昇格後では史上最多勝利。なお、武豊騎手は

この勝利で21年連続のGI勝利を達成、JRA・GIは通算61勝目

となった。

引用元=
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=horse&a=20080224-00000017-spnavi-horse

競馬

バアーミリアンでJ1スタート


バァーミリアンでG1スタート!  いよいよG1がスタートしたよ。  

  今年のダービーは?天皇賞馬は? 海外遠征は? 

  いろいろ楽しみだよ!

武豊ヴァーミリアンGI・4連勝! いざドバイへ=フェブラリーS


 冬のダート王を決めるJRAの2008年度GI第1弾、第25回フェブ

ラリーS(1600メートル・ダート)が24日、東京競馬場で行われ、1

番人気に支持された武豊騎乗のヴァーミリアン(牡6=石坂厩舎)が

快勝。好スタートを決めると、中団より前の好位追走から最後の直

線はメンバー最速の上がり脚で豪快に突き抜け、2着ブルーコンコ

ルドに1馬身4分の3差をつけた。

 これでヴァーミリアンは、昨秋からGIを4連勝。この後は世界最高

賞金額を誇るドバイワールドカップ(現地時間3月29日、ナドアルシ

バ競馬場)を目標としており、名実ともに“日本最強”として胸を張っ

て臨むことになる

 なお、3着にはワイルドワンダーが入線。2番人気のフィールドル

ージュはスタート後の向こう正面で競走を中止している。

 ヴァーミリアンは、父エルコンドルパサー、母スカーレットレディ(母

の父サンデーサイレンス)、2002年4月10日生まれの牡6歳。2歳

時は芝の出世レースであるラジオたんぱ杯2歳S(現・ラジオNIKK

EI杯)を勝つなど、未来のクラシック候補生として期待されたが、3

歳春は皐月賞12着など極度のスランプに。しかし、同じ年の秋にダ

ート戦に矛先を転じると素質が完全開花。ダート転向2戦目で早くも

GIIを勝利し、2007年1月の川崎記念でGI初勝利。同年3月のド

バイワールドカップでも4着と健闘すると、帰国後初戦のJBCクラシ

ックを皮切りにJCダート→東京大賞典と、史上初の秋ダートGI・3

連勝を達成した。

引用元=http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080224-00000017-spnavi-horse

Powered by Seesaa