User-agent: Mediapartners-Google* Disallow:

マラソン、駅伝、箱根駅伝 > さくら > 神戸は26日にもさくら開花宣言!

 

さくら

神戸は26日にもさくら開花宣言!


サクラ、26日にも開花宣言 神戸!

花見は日本の文化だ!  桜を観ながら仲間での親睦

が一番だな!  さくらの下での駅伝もみたいな!

陽気続きでサクラ前線がぐんぐん北上している今春、気象庁の

開花予想が発表ごとに早まり、兵庫県内各地の観桜イベント担

当者をやきもきさせた。しかし、ここにきて、正式な「開花宣言」を

待たずに花がほころび始める所もあり、平年より早めの開花が

ほぼ確実に。イベントと花の時期が一致せず、頭を悩ませること

の多かった担当者を喜ばせている。


  気象庁が十九日に発表した西日本の最終予想によると、神

戸の開花は「平年より早い四日早い二十六日」。三月上旬の気

温が平年並みだったため、当初は平年並みの三十日とみていた

が、ここ数日の高温続きで、一気に四日早めた。


 これを受け、神戸市灘区の王子動物園は「夜桜通り抜け」の日

程を四月三-五日にした。「一番正確な予想を待ち、満開の週末

を狙って日程を決めた」と担当者。同園では既に、花がほころび

始めている。


 西宮市の夙川公園の西宮さくら祭りは四月六日。例年四月の

第一日曜に開き、三分咲きや散ってしまうこともあったというが、

西宮観光協会は「河川敷に舞う花びらなど、今年は十分楽しめ

るはず」と胸をなで下ろす。


 姫路市は四月五日に姫路城観桜会を予定。琴や太鼓の演奏な

どがあり、昨年の人出は約六万五千人。市観光交流推進室は

「満開に近い状態で迎えられそう。少々開花が早まっても問題は

ない」と話す。


 加東市の播磨中央公園も早くから観桜イベントを四月五-十三

日の一週間と決めていた。三月の陽気続きで、開花がイベント時

期に合う格好となり、担当者は「八分咲きから散り始めまでを楽

しめる」と喜んでいる。


 神戸海洋気象台によると、三月上旬からの気温の上昇は、日

本全体を覆った高気圧の影響で、今後も平年並みか暖かい日が

続くという。
引用元=http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0000890482.shtml

 

<<丸子修学館リズム崩して逆転負け! | マラソン、駅伝、箱根駅伝トップへ | 松井秀ついに結婚>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa