User-agent: Mediapartners-Google* Disallow:

マラソン、駅伝、箱根駅伝 > 箱根 駅伝 マラソン 正月 箱根駅伝 大学   > 北京オリンピック残り枠1つ!

 

箱根 駅伝 マラソン 正月 箱根駅伝 大学  

北京オリンピック残り枠1つ!


    北京オリンピック残り枠1つ!  高橋にとつては強敵は多い

   けど、時間との勝負だな。  もう一度優勝争いをみたいよ!  

             頑張れ!尚子!


「誰が勝ってもおかしくない。見ている方は楽しいだろうなと思う」。

北京五輪最終選考会となる名古屋に集まったメンバーについて問

われ、高橋はまるで人ごとのようにこう語った。だが、同時に「優勝し

ないと(代表に)選ばれない」と話し、「ここまで来たら誰が相手とか

でなく、自分を見失わずに走りたい」と決意を口にした。

 名古屋には、アテネ五輪7位の坂本直子(天満屋)をはじめ、ベテ

ランの弘山晴美(資生堂)、昨夏の世界選手権6位の嶋原清子(セ

カンドウィンドAC)らが参戦。2時間25分を切る選手も7人を数え

る。そのライバルたちの多くが中国・昆明にいた。練習拠点の米ボ

ルダーがこの時期、降雪で走れないため、先月末まで2カ月間、初

めて昆明で合宿を敢行した高橋は、そこで「本当に多くの選手とす

れ違い、毎日が試合会場のようで驚いた」という。

 1日最長で70キロ。標高1900メートルの昆明から、3200メート

ルの麗江へも上がり、「自分の体の声を聞き、その日できる最大限

の練習をしてきた」と高橋。もちろんライバルたちも力を蓄えており、

まさに「誰が勝ってもおかしくない」状況だ。

 アテネ五輪後、ひざ痛、左足甲の骨折、そして右くるぶし、と故障

を繰り返した坂本も、この1カ月は「この4年間で一番練習できた」と

いう。昆明では約900キロを走り込み、「追い込める感覚が戻って

きた」と手応えも感じている。

 アテネ五輪代表から漏れた高橋に対し、アテネで7位入賞を果た

した坂本。だが「力を出し切れなかった」との思いが残る。そしてそ

の「悔しさ」が原動力だった。坂本は「高橋さんだけじゃなく、全員が

ライバル。五輪に出たい。もう一度走りたいという一心でやってき

た」。アテネでともに戦った土佐礼子(三井住友海上)、野口みずき

(シスメックス)はすでに選考レースで好走を演じた。「私もと思う」

 過去2戦2勝の名古屋は「イメージもゲンもいい」と話す高橋もま

た“苦い思い”の払拭(ふっしょく)を期す。「名古屋の結果次第で、

オセロゲームのように真っ白にすることができる」と語る瞳に光が宿

った。
引用元=http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080307-00000970-san-spo
 

<<本命が見えない今年のダービー! | マラソン、駅伝、箱根駅伝トップへ | 春の選抜>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa