User-agent: Mediapartners-Google* Disallow:

マラソン、駅伝、箱根駅伝 > 競馬 > 本命が見えない今年のダービー!

 

競馬

本命が見えない今年のダービー!


本命が見えない今年のダービー!   どの馬にもチャンスがあ

  るぞ!         戦国ダービーだ!

昨年から今年にかけてのクラシック戦線では、重賞の勝ち馬が目ま

ぐるしく変わり、なかなか主役が見えてこない。皐月賞トライアルの

弥生賞(G2、芝2000メートル、9日=中山、3着まで優先出走権)

も混戦模様で、一連の流れから重賞未勝利馬に狙い目十分といえ

そうだ。ブラックシェル(牡3、栗東・松田国)は、このレース3連覇中

の武豊騎手(38)が素質を認める大器。力を出し切れば勝ち負けに

なる。
 
 レースのたびに勝ち馬が変わっている現在のクラシックロード。3

月の声を聞くというのに、まだ主役が見えてこない。あの武豊をして

「今年は分からない」と言わしめる異常事態だ。
 
 函館2歳Sから弥生賞までの2、3歳重賞(牝馬限定戦を除く)にお

いて、2勝以上を挙げた馬が1頭もいない。この状況は、89年と93

年に似ている。その時の弥生賞優勝は89年レインボーアンバー、9

3年ウイニングチケット。ともにオープン馬ながら、重賞は未勝利の

新星だった。ウイニングチケットは、豪快な末脚を武器にダービー馬

まで上り詰めた名馬。歴史が繰り返されるなら今年は、同じように決

め手シャープなブラックシェルの出番だ。
 
 重賞勝ちはなくても、前走きさらぎ賞で1番人気に支持された素質

馬。結果は「テンションが上がって、ゲートの中で暴れてしまった」

(武)と、精神面の若さを露呈して7着だった。それでも勝ち馬レイン

ボーペガサスと0秒3差。福寿草特別では4角9番手から鋭く伸びて

キングスエンブレム(すみれS勝ち)を破り、ホープフルS(2着)では

1着のマイネルチャールズ以上に強い競馬を見せている。「キング

カメハメハに雰囲気が似ている」。天才がかぎ取った一流馬のにお

いは無視できない。
 
 この中間は前走の敗因の1つとなったゲート難を解消すべく、入念

に練習を積んだ。「負けた素因を1つ1つ、つぶしていく」(松田国

師)。同じ失敗は繰り返さない。何と言っても、あん上は弥生賞男。4

連覇がかかる武は「この馬は本賞金900万。内容とかいっていられ

ない」と、なりふり構わず1着を取りにいく。勝負気配では16頭の中

で、この馬が一番だろう。
引用元=http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=horse&a=20080307-00000000-nks-horse
 

<<オープン戦中田対由規! | マラソン、駅伝、箱根駅伝トップへ | 北京オリンピック残り枠1つ!>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa